インフラエンジニア転職サイトランキング

インフラエンジニアに転職をお考えの方へ

インフラ系SEとも呼ばれるIT系の高い技術を要する職業がインフラエンジニアです。近年は社内システムやネットワークの重要性が高く認知されてきていますので、企業からの需要も伸びてきています。

こういった専門職の場合はハローワークよりも民間の転職エージェントの方が内情に詳しいと言えます。マイナビエージェントなら登録無料ですぐに転職の準備を進められますよ。

インフラエンジニアの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



リクルートエージェント 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



ビズリーチ 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細



インフラエンジニアの求人事情

インフラエンジニアの求人は一昔前に比べ増加傾向にあります。何年か前までは、インフラエンジニアというジャンルでの求人すらなかったのですが、今は普通にあります。

求職方法

募集のある企業への直接応募と、エージェントに登録しての紹介の2種類が主にあります。その他、裏技として、派遣された会社にそのまま転職するケースも多いです。今は、お互い手間が少ないエージェント経由が一番多い傾向にあります。派遣された会社にそのまま転職する場合は、原則禁止されているので、一度、原籍会社を退職して数ヶ月間をおいて入社することが多いです。

求められる会社

国内のシステムインテグレータ会社が、ほとんどですが、最近は、インフラの仮想化、クラウド化が進んでからは、個別システム単位でのインフラ構築が少なくなり、システムを利用するユーザ企業からの提供が多くなっているため、ユーザ企業のシステム部門からの求人が増えています。外資系企業は、インフラエンジニアといっても、サーバ、ストレージ、ネットワークとカテゴリで細分化されており、特定技術に精通していないと採用されることは厳しいです。

求められる人材

インフラストラクチャーを構成するサーバ、ストレージ、ネットワーク、セキュリティ、監視、ミドルウェアの幅広い技術知識・経験を基本的に求められますが、特定の技術のみに精通している場合でも、問題ありません。外資系ではむしろその方が好まれたりします。かつては、システムエンジニアは、35歳定年説がありましたが、今は、そのようなものはなく、40代を過ぎても第一線で活躍される人が多いです。ただ、求められる年齢ゾーンは、やはりある程度経験を積み、管理しやすい20代後半から30代前半が一番多いです。とはいっても、幅広い経験と知識がないと勤まらない為、他の業種と比べて、年齢が高くても転職は比較的容易な傾向にあります。


Copyright (C) 2015-2017 インフラエンジニア転職サイトランキング All Rights Reserved.